menu06

9月の感想と学んだこと

20151001_019月に入り銀歯やTKEの試適をやらせて頂けるようになり
ました。模型上の練習とは違い実際に口腔内で適合状態など
を見るのは大変だとしみじみ思いました。特にコンタクトは
患者さんごとにキツさが変わり、キツイと違和感があり緩い
と食べ物が詰まりやすくなり調整が難しいなと実感します。
また、TKEの試適はコンタクト、噛み合わせ、マージンの
適合を調整後に歯間ブラシを使用している患者さんなら
通るようにし、ブラキシズムがある方には当たらないように
調整するので、患者さんのQOLに沿うように合わせるのが
大切だと実感しました。

試適は不安になるとすぐ先輩衛生士に頼ってしまい、
時間内に終わらせることも出来ないので早く自立できる
ように頑張ります。

TKE練習では以前より少しは早く作れるようになり、
形もだいぶ近づいてきました。
先輩衛生士にも「いいんじゃない」と言ってもらえ
本当に嬉しかったです。
まだ1種類しか練習してないのでこれからは他の歯も
どんどん作れるように練習していきたいと思います。